部活なんか入らなくても全然問題ない ~天使の証明編~

「なんかホントにあっさりしてるというか、野心が無いというか・・・」
28歳、ホワイトカラーのサラリーマンとなったDavyさんに寄せられるバブル世代上司のコメントだ。「出世欲?何それ、美味しいの!?」と言わんばかりに、まだ夕陽の色を取り込みつつある日本銀行を背に、オフィスのゲートに社員証をかざす日々。一般職の妻より早く帰り食事の支度をする「できた旦那」。吉高由里子の定時で帰るドラマが話題になっているが、リアルで実現している人間はなかなかいないだろう。「ゆとり世代だな・・・」バブル入社組のそんな声が聞こえてきそうだ。

でもね・・・最初からこんな人生じゃなかったんだよ。

話を12年前に戻そう。
2007年。Davyさんは当時高校2年生。
アメリカではサブプライムローン問題が少しずつ騒がれていたようだが、日本の新聞では片隅に取り上げられていただろうか。まだリーマンショックが起こる前だ。小泉長期政権が終わり、第一次安倍政権の足元がぐらつき始めた頃だったか。「景気回復」の文字は至る所で見られたが、なんとなく世の中に懐疑的なムードが漂っていた頃だった。

俺が通っていた母校は、全員どこかしらの部活動に加入しなければならないルールだった。「部活全入制」と呼ばれていた。
地元では伝統ある学校として知られていた憧れのトップ校。まだ中学生だった頃の俺はそんなルールに疑問を持つことなく、キラキラした高校生活の中でどの部活動に加入しようか、学校案内とにらめっこをしながら考えていた。
だが、実際に入学してみると様子が思っていたものと違うことに気づいた。まず、学校案内に書かれていた部活動のうちいくつかが活動休止中。人数が集まらないため入れません、とのことだった。「郷土研究部」に入ろうと思っていたのだが(笑)
さらに、それじゃあと思って入ってみた新聞部は、新聞を作る部活動なのにパソコンが部で1つしか用意されていない&ネットにつながっていない。そもそも、まともに活動する態勢ができていないのだ。

違和感のオンパレードはやむことはなかったのだが、決定打はこれだ。
多くの部活で先輩後輩間でのいじめ(いわゆる「かわいがり」)が横行しているという現実。1年生は2・3年生に自分の意見を主張することは許されておらず、部活動本来の活動とは関係ない文化祭の席確保が強要されていたり、下級生があいさつをしても上級生が無視するのが伝統だったりする部活動もあった。また、学年間の序列は絶対で、例えばクラス対抗の催し物等でも質の優劣に関わらず下級生のクラスは上級生のクラスの順位を超えることはない。何か通常と違うことをしようとすると、有形無形の力で「生意気だ!」とクレームを入れてくる。他にも・・・書ききれないわ。

静岡を代表する頭脳集団・エリート軍団が、学年の違いだけでくだらない序列を作ってマウンティングしている状況。呆れていたし、悲しくなった。自分が憧れて入学した高校がここまで腐敗しているとは。
正義感に燃えていた俺は、そのマウンティングの温床となっている「部活動」を破壊するために立ち上がったのだった。自治会長(一般の学校で言う「生徒会長」)選挙に立候補することにした。

マニフェストはただ1つ。「部活動全員強制入部制度(部活全入制)撤廃」。部活をやるやらないは個人の選択を尊重し、部活動をカースト制度として利用するのではなく、純粋に競技を楽しむための団体にしましょう、と。
わかりやすい政敵として当制度を狙い撃ちしたわけだが、真の目的は学年の違いだけを根拠とする差別的な文化を破壊することだった。そのため、選挙運動の際には制度論の話よりも、人権についての言及を多くし、感情論での対立を煽ったのだ。

結果としては会長に選出されたものの、やはり3年生からは大きな反発があった。私と同学年の人たちに関しては、賛否が半々。日頃の迫害に嫌気が差している1年生からは最も多く支持が集まった。だが、この対立は生徒のみに留まらなかった。教師も参戦してきたのだ。反対派の急先鋒が当時の自治会の顧問。今となっては名前も忘れ全てを記憶しているわけではないが、俺に対して相当人格攻撃も含めた誹謗中傷を浴びせてきた。当時の俺は気が短く、すぐに席を立った。粘り強く交渉を進めるより、自分の支持勢力を拡大することに努めた。今思えば、あの時の自分は政治家ではなく活動家だった。その反省は、今社会人として仕事を進める上でかなり生かされている。

当時の感情その他に関しては、当時書いた本に譲るとしよう。17歳の少年が書いた本だ。温かい目で一読していただきたい。
http://17smap.davystyle.com/10

こうしてわずか2ヶ月という短さで会長の座を後任に譲り渡すこととなったのだが、あの経験は成功・失敗両面から今の自分の基礎を作ってくれたと思っている。
成功体験という観点から見れば、自分の投じた一石によって文化を変えることができた。残念ながら制度自体を変えることはできなかったが、いわゆる「特例」が次々と認められるようになった。書類上はどこかの部活に所属している体はとるものの、実際の活動・会費納入は行わなくて良い、という裏ルールができた。また、諸悪の根源であったカースト制度の色も薄めることができ、あくまでも意識的なものに過ぎないが学年間のフラット化が進むような事象を数々目撃することができた。もちろんこれは俺の成果というよりも、皆さんの意識が変わってくれたことによるものだ。
失敗体験という観点から見れば、政治を知らなさ過ぎた。そこで会長を退任した後の俺は目の色を変えて政治・経済を勉強することとなり、受験生時代の模擬試験では3年生の夏頃より県内では1位近辺のトップクラス、全国でも2ケタ順位までもっていくことができた。また、机上の知識のみならず、現実の政治の動きも大学時代の道州制協議会を通じて学ぶこととなり、国政地方を問わず議員・政治活動家の方々との交流を深めることで政治の実態に迫ることができた。社会人となった今は政治に直接携わる機会はなくなったが、社内で物事を進めていく上では政治力みたいなものが十分役立っていると確信している。

これらは、学校に用意してもらった部活動におとなしく加入し活動していたところで、得られただろうか。いじめられている子が学校に行く/行かないの議論にも通じることだが、「何があっても学校に行く」とか「部活動に熱中して輝かしい学生時代を送る」とか、ステレオタイプの青春ドラマに必ずしも乗っかる必要はないのではないか。学生時代の本質は、いかに「学ぶ」か、だ。学校に行かなくたって(行けなくたって)きちんと勉強すればいい。部活動に加入しないからこそ作れる人間関係や学べることも決して少なくない。常々言っているが、大事なのは「どこで学ぶか」ではなく、「何を学ぶか」だ。求めるものが部活動にあるのであれば、部活動を一生懸命やればいい。甲子園を目指すのも美しい青春だと思う。でも、そうでない人生があったっていい。他人と違う道を進むことを恐れるな!今、学生に伝えたいことだ。

あれから12年。先日、当時の自治会副会長と西新宿にあるホテルのレストランで再会した。当時目立ちたがり屋ではなかった彼だが、「部活全入制撤廃」の政策に共感し副会長に就任してくれた。

当時の話になり、俺たちは笑いが止まらなかった。
「あんまり言いたくはないけどさ、あの時俺が言ったこと、正しかっただろ?」

ブラック部活という言葉が出てきたり、ブラック校則が問題視されてきたり、当時現役高校生だった俺が指摘してきた問題が次々に社会問題化されている。「部活動は休みを設ける等無理のない範囲でやりましょう」「生徒1人1人の人格・個性を尊重しましょう」今さら文科省や教育委員会が出しているガイドラインは12年前に既に俺が指摘してきたものばかりだ。まあ、いい時代になったと思いますよ。社会人も学生も、根性論ではなく論理的に物事がジャッジされる時代となったわけだから。

今、異端児と言われている学生がこの記事を読んでいたとしたら、自信をもってほしい。君は間違っていない。
いつか時代が君の考えに追いついてくるはずだ。だけど、それは黙っていて訪れる未来ではない。
1人でも多くの人に自分の意見を主張し、多数派を形成する。暗黙の了解に流されるのではなく、声なき声に耳を傾け、自分の周辺から世界を変えていくんだ。
失敗してもいい。その経験は必ず君の財産になるはずだ。

12年前の自分に会えるとしたら、伝えてあげたい。君が望む未来はすぐそこにある、と。

かつてのデビルが、今はエンジェルとなり、今日も自分の正しさを証明しようと思う。

執着したくないから、こだわるんだ。

木更津ベースの話は色々あるのだが、今回は「ライフスタイル」に注目したい。それも、この家を取り巻く話、というより、自分自身の生き様つまり「DavyStyle」の根本的な部分である。

社会人になって「丸くなった」「大人になった」と言われるようになった。もちろん、サラリーマンとして、いやそもそも20代後半の人間として生きる上で「あの頃」とはスタイルを変えざるを得なくなった部分は確かにあるのだが、根本的な生き方はあの時のままだ。

 

投稿日: 2012年1月2日 投稿者: Davy Fujinami
UNDERGROUND FOREVER 3ヶ条
https://davystyle.com/archives/1275

 

近頃、「働き方改革」というフレーズがもてはやされている。残業時間削減、プレミアムフライデー、有給休暇の消化率向上・・・。会社の制度にばかり目が向けられ、その本質は「働かせ改革」なるものではないかとも一部では言われているが。我々雇われの身が、会社(人事部?)の制度改革ばかりに期待して、受け身になっている感じもある。

「だって、納期間に合わないじゃん」
「周り誰も帰る人いないし」
「自分だけ働き方改革やったら出世に影響あるだろうし」

皆様の言わんとしてることがわからないわけではない。俺自身も時々ふと上記のような呪縛に囚われてしまうこともある。
だけどそんな時、あの日心に刻んだあの言葉を思い出す。「UNDERGROUND FOREVER」。日本語で言い換えると「一生地を這ってる覚悟だ!」かな?あまりしっくりこないんだけど(笑)
誰かとの比較、あるいは会社とか社会の階級のようなもので自分をランク付けして、上を目指そうというのは俺の人生にはふさわしくないって決めたわけ。上を目指すより、前に進みたい。俺は、俺が本当に送りたいと思っている人生を送るために、やるべきことを取捨選択して生きていこうと決め、そのスタンスで今も生きている。

幸い、今の俺は出世コースにはいない。途中で病気によるわずかな休職があったことも手伝って、いやそもそも社内でのキャラ的な評判が悪く、正直上からの評価は低いみたいだ。その代わり、一緒に働いている人からは大事にしてもらっている。人によっては、俺の能力を買ってくれ、必要だというありがたい言葉を頂くこともごく稀にだが(笑)無いわけではない。やるべき仕事は効率的にきちんとこなす。頂いている給与からすれば、大きな不備は無さそうだ。一方で、フレックスタイム制ということもあり、ほとんど残業しない。おそらく10時間/月程度。月間で所定労働時間が定められているのだが、基本は月初で時間を稼いで、月末に定時前のまだ日が出ている時間にさっさと帰ろうという気持ちではいる。そして、資格試験に取り組むわけでもなく、仕事を積極的に取りに行くわけでもなく、やる気がないわけではないが野心はない。トータルして言うと、上司や上層部から「優秀なヤツだ」と思われることは全く無いが、チームの中では特に打率が悪いわけではなく必要ならバントや犠牲フライも厭わないのでラインナップには入れているところか。

自由な働き方でそこそこの収入を得て、木更津ベースを拠点に自分がしたかった生活をする。
例えば、船舶免許があるので、プレジャーボートでクルージングをする。この前は妻と横浜の川に行ってきた。あくまで春に向けてのお花見の下見だが。

また、写真は残念ながら無いが、先日は会社等の女性陣5人+例の副会長を読んで、ホームパーティーを行った。
皆様には遠い中、わざわざ高速バスや電車で木更津ベースにお越し頂き、家で妻の料理と木更津で有名なケーキ屋さんのケーキをお楽しみ頂いた。新築案内&アウトレット観光も兼ねて。で、帰りは一部の方には横浜までお送りする中で、横浜のベイブリッジやみなとみらいを中心とした夜景をお楽しみ頂き、なかなか面白い週末だった。

「働き方改革」関連で言えば、平日は家事や録画した番組を見ることで忙殺されがちだが、近くをドライブしたり空いているアウトレットを散歩したりして、我ながら素敵なライフスタイルになっているのではないかな、と思う。そもそも、通勤途上で、帰りのバスで毎日レインボーブリッジ通ってお台場の観覧車見て、羽田空港に降り立つ飛行機を見て、アクアラインから遠くの方に見える夜景を楽しんでいるのだから、それだけでも十分だ。満員電車で知らないオッサンの顔を間近にする生活から解放されただけでも大満足だ。

でも、この文章で言いたいのは自慢じゃない。そんなものには興味がない。
伝えたいのは、俺は出世や会社での評価を諦めたからこそ、今の生活が手に入ったってこと。昇格のペースが遅くなったり、査定が悪くなってボーナス額に影響が出ることは、もちろん痛いしイヤだけど「しょうがない」と割り切ったからこそ、自由に振る舞うことができている。妻にもハッキリ伝えた。「俺は昇格だの何だのを狙ってバリバリ働くようなことはしないし、それに伴う犠牲はある。どうやら今回の査定も悪いらしい。だけど、最低限の生活は約束するから、俺の生き方を許してほしい。」と。それに対し妻は、「もし私がバリバリ働いて出世するような男を望んでいるなら、そもそもあんたなんかと結婚してないから大丈夫!」と笑って応えてくれた。我ながら、素敵な人と結婚したと思う。そして、妻自身も一生懸命働いて、俺との生活を支えてくれている。頭が上がらない。。。

皆様全てにこのような生き方を薦めようとは思わないし、正しいとも思わない。
だけど、俺から見ると、皆こだわりが無いフリしながら、執着しているように感じるんだよね。カネにこだわらないフリして、会社での査定に執着したり。出世にこだわらないフリして、周りからの評判に執着したり。

逆だよ、本来あるべき姿は。カネの使い方にとことんこだわって、実際に入ってくる金額には執着しない。自由な働き方を維持するために周囲とのコミュニケーションを綿密にとるようとことんこだわって、出世だとか上司の評価だとかに執着しない。俺はその方がカッコイイと思う。ウザいくらいとことん何かにこだわって、その後の副産物がどう作用しようが執着しない。自分の生き方の軸があれば、自分に本当に必要なモノは何であって、そうでないモノはどれなのか見えてくる。

執着したくないから、こだわるんだ。

病気になったって、会社は責任とってくれないよ。
婚期逃したって、会社はいい人見つけてくれないよ。
定年後に家の中で居場所が無かったとしても、会社は面倒みてくれないよ。
全部、自己責任なんだ。自分の人生で受ける不利益を、会社が何とかしてくれるわけじゃない。
だからこそ、自分がどうありたいかをきちんと定め、覚悟をもってそれに向けて行動していくことが大事なんじゃないかと思うわけ。

それが、DavyStyle。

ハウスメーカー?工務店?いいえ、コンペです。

木更津ベース情報を小出しに公開。
今日は「住まい作りのパートナー」の話を書こうと思う。
(批判や悪口、各種エピソードの類は後回しにして、先に概略だけ)

一戸建てが欲しいと考えた時、いくつか選択肢がある。

第一関門:「建売」か「注文住宅」か

建売は、既に建築された一戸建ての家を土地とセットで買う方法。分譲地に多い。メリットは既にある建物をじっくり吟味でき、手間が少ない点。マンションを買う感覚に近い。俺の場合も、初期段階で分譲地の建売物件を見に行ったが、せっかくの自分の住まいなのに「決められた」建物を買う感覚に最後まで違和感を覚え、そもそも建売はスペックが注文住宅に比べ劣るケースが多いことから、当案は却下した。
注文住宅は、自分で土地を探し、その土地にあった家を一からデザインし建てる手法。正確に言えば、一戸建ての場合は、家を「買う」とは言わず、家を「建てる」。手間がかかるが、せっかく自分のものにするのであればこの手法をとりたいと最初から思っていた。
※ 建築条件付土地での注文住宅は、建売の方に分類した方が良いと考える。

第二関門:「ハウスメーカー」か「工務店」か「建築家」か。

ここからが本題。注文住宅を建てようとする場合、どこにお願いするか。
普通は、住宅展示場のような所に行き、「●●ハウス」「●●住宅」のような所が出しているモデルハウスを見てイメージを掴み、値段も含め相性が良かった所にお願いするというのが一般的だ。当然、俺もそれをやった。ただ、その前に「SUUMOカウンター」に行って相談をするというプロセスを噛ませてはいるが。SUUMOカウンターは、多くの住宅メーカーから顧客の意向に沿った会社をいくつか紹介するというスタイルだったので、当初は期待していた。自分の知らない会社が出てくるものと思われた。だが、期待外れ。誰もが知ってる有名大手メーカーしか紹介されなかった。結局、文字通り「無駄足」に終わった。
とはいえ、とりあえず住宅展示場に行ってみた。「住友林業」「住友不動産(戸建部門)」は見た。また、住宅展示場ではないものの、ローコスト住宅である「ヤマト住建」にも話を聞きに行った。その中では、アーバンタイプのデザインが気に入り、「住友不動産」が候補に残った。ハウスメーカーではここが候補となった。

続いて、工務店。一般的にハウスメーカーより安く家が建てられるとされ、現場との距離が近いこともあり性能を求めるなら悪くない選択肢とされる。実際、千葉の工務店の中で、断熱性能に特化した所を複数見つけ、ブックマークしていた。だが、保証制度に不安があることや、出来上がりのイメージがつかなかったこと等から、優先順位を下げた。

建築家。デザインの良さを前面に出すところばかりで、性能が二の次三の次にされている印象を受けた。その中でも、地元で断熱にこだわっている建築家を見つけ、直接訪問した。こだわりは感じられたし、性能も良さそうだったが、何にせよ、値段が高い。交渉にも応じてもらえなさそうで、諦めた。

家づくりは暗礁に乗り上げた。このまま、妥協するしかないのか・・・。

「そうだ、コンペをしよう」

昔友人に紹介され見ていたあるドラマを思い出した。「結婚できない男」。
阿部寛演じる建築家の主人公が不器用ながらも真っ直ぐ生きていく興味深いストーリーだが、ドラマの中で高島礼子が演じているのが、建築家をコンペして紹介する職業だったのだ。そういうサービスが無いか、調べてみた。

そこで出会ったのが、このサイトだ。
https://sumika.me/

要望を掲示板に書き投稿すると、登録している建築家が応募してくるというスタイルだ。
加えて、当サイトを通じてプロジェクトを依頼すると、無料で地盤保証等がついてくるという安心特典つき。これなら、大手ハウスメーカーに依頼したような安心感が得られる。藁にもすがる思いで、このサイトに要望を書き込んだ。

結果的に、4社からの応募があり、順番にメッセージのやり取りや直接出向いての面談を行った。
前述の「住友不動産」と迷っていたものの、彼らが出してきたプランに愕然とさせられ(・・・というか、俺がExcelでまとめて出した要望書、全く読んでねーのかよ!と思うことが多く)、そんな中で応募してきた1社が映像付の素晴らしいプランを提示してきたため、俺は彼らに握手の手を差し出した。

こうして、木更津ベースプロジェクトが走り出した。

木更津ベース、完成!

また1つ、夢の欠片を拾い上げて、壮大なキャンバスにそっと置く。
もちろん平坦な道ではなかったが、まさかこの景色に辿り着けるとも思わず。それでも、純粋な少年のごとく、夢を口にし続けて周囲に笑われながらも、気付いた時には周囲をあっと驚かせる人生。まさに「絶望からのレジスタンス」を、学生時代の頃のような激しさは伴っていないものの、静かに成し遂げる大人のやり方で実現したことについては素直に嬉しく思う。「木更津ベースプロジェクト」ここに完成だ!!

このサイトを見ている人で当時のことを記憶している人は少ないだろう。
2011.3.11、東日本大震災後、俺はそれまでの上昇志向を捨て、生活の充実に向けて人生の路線を変更した。あの年、「世田谷ベース」にハマり、自分のベースを持ちたくなった。都会のブランド志向とは対極の、広々と余裕をもった生活。誰かのものさしで測られるものではなく、自分自身に刻み込まれたものさしで判断し、「これがいいんだ!」と胸を張って言える何かをセレクトして生きる道。それを探すプロジェクトが「ベースプロジェクト」だった。

最初に正式な形でお話ししたのが、2011.10.17配信のPodcast。まだ二十歳の頃であり、世間知らずで恥ずかしいものであるが、「当時から言い続けていた」証拠になるものなので、一部抜粋で載せておこう。

投稿日: 2011年11月3日 投稿者: Davy Fujinami
BASEへのこだわり

投稿日: 2011年11月10日 投稿者: Davy Fujinami
木更津ベースプロジェクト vol.1

投稿日: 2012年7月9日 投稿者: Davy Fujinami
木更津ベースから湾岸ベースへ

あれから6年が経った。当時想像していたよりはるかに素晴らしいスペックで、「木更津ベース」が完成した。

詳細な住所は明かせないが、木更津金田にある三井アウトレットパークの近くに、一戸建てを建てた。
駐車場、バイク置場、天然芝の庭付の家。そこから東京駅近くの高層ビルにあるオフィスまで、高速バスで通勤している。満員電車知らずの、リクライニング付クロスシートでの通勤は快適だ。木更津金田バスターミナルから東京駅前まで乗車時間は実質約45分。朝は二度寝の続きをして、目が覚めたら東京駅のグランルーフが見える。帰りはタブレットで相棒を1話見て、エンドロールが流れる頃には観覧車が眩しく光る街に到着。これ以上の快適な通勤は無い。

こちらでの生活の相棒も手に入れた。前から欲しかったスバルの新型インプレッサだ。

2000ccのエンジンは高速を走る時もイヤなエンジン音がせず、アイサイトはドライブの疲れを軽減させてくれる。後部座席も余裕があり、この車にして本当に良かったと思っている。

リビングには、シルクのような触り心地の竹繊維の絨毯に、カスタムメイドの総革張りのソファー。後ろには広々とした畳スペースも控えており、和洋どちらのライフスタイルも享受できる。俺の場合は畳の上にいることが多いのであるが。

欲しいものはだいたい手に入れた。あとは自分の遺伝子を受け継ぐ後継者だけだろうか(笑)

・・・とはいえ、ちょっと待て。Davyはそんなに金持ちだったのか?
奥さんが金持ちの家出身で玉の輿に乗ったとか?それとも宝くじでも当たった?
Davyの実家が金持ちなのか?遺産相続か?
もしくは、会社の統合により給料が倍増した??

残念ながら、どれも違う。相変わらず、カネは無い。
全ての支出を某家計簿管理アプリで1円単位で管理し、毎月Excelで集計して家族会議を開かなければならないくらい、カネには困っている。
もちろん、ブログで自分の生活ぶりを自慢げに書くくらいだから、トリックがあるに決まっている。

俺はこのサイトを通じて、昔から一貫していること。
先天的なものや努力しても誰も得られないものは、絶対に自慢しないし、自慢にも思わない。親から譲り受けたものや自分の立場みたいなものを鼻にかけてひけらかすようなヤツは最低だ。
そうではなく、何かトリックを使ったり、やり方さえマスターすれば誰でも手に入るものについては、その方法のレクチャーとともに自慢する。「こっちの水は甘いぞ」と、このサイトを見てくれる人にノウハウのおすそ分けをしたいのだ。友達の数が決して多くない自分にとって、自分の味方をしてくれる人には最大限貢献したい。それが俺の生き様だ。

では、凡人の家に生まれ、普通のサラリーマンをしている男が、どうやって「木更津ベース」を手に入れたのか。
次回以降、そんな話をするとしよう。

このプロジェクトに関わってくれた全ての人に、愛と感謝を込めて。
ここまで来たのは、私の力ではなく、私にノウハウと力を与えてくれた皆様のおかげです。