Junk Hero


<コメント>
Davy Fujinamiの12th Song。「俺が俺であるために(旧:俺と僕の間で)」をリリースした時、これを超える曲は絶対に書けないと思っていた。あれほどまでに俺自身を表現できた曲はないからだ。しかし、12曲目となる今作では、あれ以上に自分自身を表現する曲を生み出したかった。そんな思いから書き上げた曲が「Junk Hero」だ。「ただのクズでいいぜ」と吐き捨てて自分を貫く俺だけのヒーロー。そんな男をクールに表した曲である。

メトロポリスから 逃げ出すように
イヤホンつけて バイク飛ばした
夜の静寂 響くノクターン
作り出すのさ ドラマのワンシーン

卒業アルバム セピア色に染まってた
ノスタルジー投げ捨て あてのない旅に出よう

1秒先の未来は今だ
飛び乗った列車 CLASH THE FIRE BALL
行きつく先は 今日のEvidence
書き遺したレターだけ胸に
1ミリ先のお前は俺さ

ほくそ笑むような 優しさがいい
置き土産のような 愛しさがいい
こだわりのPassion 素敵なSpectacle
理想なんてFiction かますIrony

アーティスティックなLIFE 夜のBARから見る景色
隣のカップル 俺の人生のエキストラ

センチメンタル 気取るRock Star
回帰線辿り 叫ぶPsychopath
恋愛遊戯(ラブゲーム)なんて ただのJunk SHOW
斜に構えて 捨て台詞を 吐いた
スクラップにした ガラス細工

飛び込んだレース ビリの美学
酔いしれた夜 輝くのさ
外はHard Rain 傘もささず 走る
儚い花火 ベースに咲く

http://files.davystyle.com/junkhero.mp3

[audio:http://files.davystyle.com/junkhero.mp3]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です