マイナーおじさん

あれ、記録が途絶えてしまったね。毎日書いてきたのに。
昨日は眠くて22時には寝てしまった。ただそれだけのことだ。

探してた映像がやっと見つかった!SUPER☆GiRLSの「笑顔がぽろり」のLIVE映像。
粗い映像はすでにあったんだけど、鮮明なヤツは探してたんですよ。
多分、これ、俺が初めて行ったSUPER☆GiRLSのコンサートのヤツだと思う。これ見て本気で惚れたんだ。

映像見ていただければわかるんだけど、この3人は神だね!歌もいいんだけど、衣装が最高にカワイイ!俺のタイプ、完璧なストライクですよ。マジで。こういう女の子が好きなんだ。あみたとぴのとみやり。その後のライブでもたまにこの曲やるんだけど、なんだか夢の世界に来たみたいというか、落ち着くというか。もちろん、みらくるとかMAXみたいな盛り上がる曲では最高に盛り上がれる。でも、笑顔がぽろりみたいな曲があると、「来て良かったな~」って本気で思える。温かいんだよね。

今でこそ、SUPER☆GiRLSも相当メジャーになってきた。でも、俺が注目し始めた当時、1年前は誰も知らない存在だった。6月のライブの時も、流行に敏感なイケてる女の子が目立つくらいの客の入りだったような。いや、もちろん、SOLD OUTはしてるんだよ。とはいえ、AKBとの客層の違いは感じたね。それが今では、レコ大で新人賞とるなんてね。嬉しいよ。

SUPER☆GiRLSのライブに行くと感じるんだけど、俺と似たような人種が集まっているんだな。他の客が色々しゃべってるじゃない?それ聞くと、AKBの話はほとんど出ないんだけど、SKEの話ばかりが出るんだ。さらに聞くと、AKBから流れてきたらしい。それで、SKEと掛け持ちと。俺と一緒や。

マイナー好きなんだよね。だから、メジャーになりきってしまうと面白くない。指原も昔は好きだったんだけどな~。あそこまでフロントに出ちゃうとなんかね・・・。

だから、当然、自分の人生においても、同じ価値観が適用されるわけ。メジャーにはなりたくない。テレビに出るようになったり、有名になったり、政治家になったりしたいと思わない。メジャーになって自分のスタイルを曲げざるを得ない局面を迎えたくないというか。いや、そもそも自分自身がマイナーな存在でいたいんだよね。こればかりは理屈では語れない。

それは、俺の専攻選びや業種選びでも同じ。メジャーどころに行きたくない。銀行とか商社とか、人気があったり認知されているような業界には行きたくないんだよね。もっとマイナーどころ、「え、その業界って、何やってるの?」って言われるような業界に行きたい。だから、金融でも専門的な取引をしている業界とか、AM業界とかばかり狙ってSランAランにしてるんだな。

それが俺の生きる意味。皆が行くような所に、俺もこぞって行ってもしゃあない。誰でもやりそうなことは、俺はしない。「俺」がする意味がないから。それよりも、誰もやらないことをやりたい。それなら、「俺」がやる意味がある。「この人ここにありき」みたいなものを創造していきたいんだよね。独自のカラーを持っていたいといいますか。

実家に帰ってきて、中学の時の卒業文集を久しぶりに見た。「15歳のメッセージ」ってヤツ。
あの頃はある程度真面目にやってたんだよな~なんて思いながら読み返すとビックリ!今と何も変わってない!!(笑)

「リスクとリターンを計算して「いける」と思ったら、即、実行に移すべきだ。」
「しかし、今の世の中でそのような細かいことを言っていたら、時代の波に乗り遅れてしまう。思い立ったら、形振り構わず、即行動。それが、生き残るコツだと思う。」

仮に名前を伏せて文章を見せられても、誰が書いたかわかるな~。両親にもこんな教育は受けていませんが。
世論と逆コースを行く習性は、死んでも変わらないと思う。もちろん、アプローチや表現方法は、年齢や経験と共に変わっていくとは思うが。

「大きなマイナー」目指すとしたら、ここしかないな。

Buffer

Twitterでコメントできます