帰り道ブルース

夏の夕暮れは寂しくない。
僕との別れを惜しむかのように、ずっと空が微笑んでいてくれるから。

夏の夕暮れは悲しくない。
後ろから抱きしめてくれるかのように、穏やかな風がそっと身を包んでくれるから。

そんな夏の夕暮れと戯れてみたくて、僕はいつもの電車には乗らず歩いて家に帰ることにした。

大通りを走り抜けるクルマを見つけた。
何をそんなに急いでいるんだろう。
何にそんなに追い立てられているんだろう。
誰を想ってハンドルを握っているんだろう。
何を感じてアクセルを踏んでいるんだろう。
アクセルを踏み続けなければいけないのだろうか。
ブレーキを踏んではいけないのだろうか。
ああ、僕がバイクに乗る時も、そんな風に見えているのかな。

裏路地の曲がり角に小さな楽器店を見つけた。
ショーケースには所狭しとハーモニカが並んでいた。
ハーモニカで何が奏でられるんだろう。
誰のためにハーモニカを吹けばいいんだろう。
ハーモニカを使って歌を作れないだろうか。
作った歌を誰に捧げたいんだろう。
作った歌で何を伝えたいんだろう。
そもそも僕の不器用な歌を聴いてくれるだろうか。
ああ、僕が歌詞を書く時も、同じことを思っていたんだよね。

橋を渡る前の交差点に古ぼけた喫茶店を見つけた。
窓際の席でコーヒーを飲む2人は何を語っているんだろう。
2人は愛を語り合えているのだろうか。
2人は愛の重さをわかっているのだろうか。
2人は愛には悲しみが訪れることを知っているのだろうか。
2人は自分たちの行く末を描けているのだろうか。
2人はお互いを身を挺してでも守る覚悟を持っているのだろうか。
2人はそれぞれが抱えた傷を癒す術を持っているのだろうか。
2人は中途半端な愛を軽蔑できる美学を持っているのだろうか。
ああ、僕が歩きながら悩んでいたことは、まさにこれだったんだよね。

鉄塔の向こうに沈み行く夕陽に問いかけたい。
2つの道があったなら、どちらを進めば良いものか。

鉄塔の向こうに沈み行く夕陽に届けたい。
迷いの末に描きあげた静かなバラードを。

鉄塔の向こうに沈み行く夕陽に誓いたい。
人生でたった一度の選択を、一生大事にしていくことを。

ああ、まもなく夕陽と月が交代する時間だ。
今日の夕食はクリームシチューがいいな。

僕も早く家に帰ろう。

Buffer

Twitterでコメントできます