D-Phrase

Davyがよく使うフレーズをまとめた、いわゆる「Davy用語集」。

【プロダクト】
何かを生みだすこと。特に、芸術的なものを創り上げる時に、この言葉を多用する。

【デビル】
悪魔という意味よりは、「強か(したたか)な人間」という意味で使うことが多いかもしれない。心の奥底で何かを考えている人間や、いい人ぶらない(偽悪者を演じる)という意味でも使われる。

【アウトソース(アウトソーシング)】
誰かに何かを委託すること。任せること。

【つーか】
っていうか⇒といいますか。別の言葉で置き換えたり、補足をするときの前置きの言葉。

【オフレコ】
非公式な発言。若干踏み込んだ発言。後にあれこれ問われないもの。

【スピリット】
精神。特に筋の通った信条。

【この世の支配者】
一般には「神」と使うことが多い。ただ、俺は神教徒ではないため、しかし「仏」とするのも別のニュアンスに捉えられる恐れがあるため、神仏の総称としてこの言葉を用いる。

【リリース】
プロダクトと似た意味で使う。特に、お知らせする場合やソフトなものを生み出す場合は、こちらの言葉を使うこともある。

【メジャー】
「主要な」という意味。マイナーの対義語。マジョリティ(多数派)という意味でも使う。また、「ものさし」という意味でも使う。

【プライベート】
学校関係や仕事関係ではない生活の空間・時間。私生活。

【パフォーマンス】
結果。成果。

【グローバル】
国際系の人間をバカにする時に使うこともある。日本を省みろという意味も込めて。

【コミュニケーション力】
中身のない空虚な妄想。

【ほざく】
他人がものを言うのをののしっていう語。

【情報を出す】
役に立つことを言う。

【ディスクロージャー】
情報開示。パーソナルブランディングのためには、常に行っておかなければならないこと。何かを隠したい時に、エサとして使うこともある。

【ブランディング】
ブランド化すること。魅せたいカタチに最適化すること。

都07(グリーンスター)
俺が最もよく使う都バスの系統。全都バスの中で学バスを除き、最も頻発路線らしい。だいたい5分に1本来るので、重宝している。マンション近くに停まるので、ドアtoドアができる。

【門仲】
門前仲町のこと。↑の都07の始発停留所。同じのりばに、「都07」「東22」「東20」が乗り入れるが、全て「錦糸町駅」行きなので、系統を確認してないと間違えて乗るハメになる。

【茶水戦争】
JR御茶ノ水駅での乗換時に、席取り合戦となり、走って乗り換える人が多い現象。御茶ノ水駅はJR中央線快速⇔JR中央・総武線各駅停車が、同一ホーム対面乗換なので、乗換は便利なのだが、それ故にこういった現象が見られる。朝と夜に多い。他にこういった現象の見られる駅は笹塚駅。京王線⇔京王新線(都営新宿線)の乗換。

【清澄止まり】
東京メトロ半蔵門線に渋谷から乗る際に、清澄白河行が朝夕は存在するが、錦糸町まで乗るのに迷惑な存在。朝は「清澄始発」を使って、清澄白河駅始発電車に乗ってゆったり座るということもする。

【Davyファミリー】
特に信頼度が高い友人の連中のこと。ファミリーでも中枢になると、「相棒」「秘書」「盟友」「同志」などの称号がつく。