言うな。結果で示せ!

最近、TwitterでSHINJObotをフォローしている。元日本ハムファイターズの新庄剛志選手の発言を定期的につぶやくbotだ。

俺は、昔から、特に著書「ドリーミングベイビー」を読んだ時からSHINJOのファンである。芯がしっかりしているパフォーマーが大好きなのだ。昨日、旧友たちとバスケをやった時もSHINJOのTシャツを着ていたし、静高時代もよく着ていた。俺の1番の宝物として、彼の限定タオルがある。実家の片隅に厳重に包まれて眠っている。

彼がメジャーリーグ行きを決めた時、彼のお父さんは一言こう言ったのだ。

「言うな。結果で示せ。」

俺も言葉よりも行動力が明らかに劣っていると感じる時、戒めの意味でこの言葉を使う。

最近、実際にこの言葉通りに生きている人がいる。

我が師匠、布袋寅泰さんだ。芸能ニュースなどで知った人もいるだろうが、HOTEIさんは2月に愛犬ルーリーと庭で遊んでいて、骨折してしまった。この時は、まさにツアーの真っ最中。洋楽カバーアルバムを引っ提げて、全国の特にZEPP系の会場でライブをやっていた。俺は、偶然にもケガをする前にライブに行くことができたので、ラッキーだったが、これがきっかけで後半は中止となってしまった。

そして、先日ケガが完治し、彼のブログで感謝とお詫びが改めて提示された。もちろん、「ありがとう」「申し訳なかった」の言葉はあるものの、実に布袋さんらしくその気持ちをギターソロの曲で伝えたいと言う。しかも、無料で誰でも取得できるようになっている。俺はすぐさまダウンロードしたものの、思ったよりもメディアで騒がれたため、Twitterでは書いた。しかし、もう1度書いておこう。

ブログ記事
http://www.hotei.com/blog/2010/04/post-227.html

曲ダウンロードURL
PC版
http://www.hotei.com/thank_you.zip

携帯(docomo)
http://hotei-mobile.com/comm/thankyou.xhtml

布袋さんの記事に行けば、QRコードがあります。

ぜひ、皆さんに聴いていただきたい。誰でも無料でダウンロードできるので。

俺はこの曲を聴いて、自分の葬式でぜひBGMとして流してもらいたいと思った。
生き方が不器用でワイルドで荒くれ者でB型という共通点を持つHOTEIとDavy。でも、その中に秘める何とも一言では表現できない優しさ。沈みゆく夕日を眺めながら、「俺の人生、これで良かったんだよな?」と自問自答する瞬間。自分の不器用さに苦笑しながらも、ここに辿り着くまでの軌跡を抱きしめる。俺たちは、きっとそんな男なんだと思う。

布袋さんはいつも、人に何かを伝える時、安易な言葉には頼らずにギターで表現する。

昨年、忌野清志郎さんが亡くなった時もそうだった。この時もツアー中だったが、天国の清志郎さんに届けと言わんばかりに、こんなギターソロを奏でた。

言葉では表現できないことでも、心では感じ取ることができる。

100回のありがとうより、1回の感謝の行動がいい。
100回のごめんなさいより、1回の責任ある処理がいい。

俺もそんな生き方をするように心がけている。

そんな男だからこそ、会場が一体となって、「俺たちのテーマソング」を歌うことができるのだ。

ライブの度に、いつも涙が出てくる。

いつまでもついていきたい存在である。

Buffer

Twitterでコメントできます