贅沢しながら節約旅行


21日月曜日から、24日木曜日まで、北陸の方へ旅行に行ってきた。Twitterで写真付で色々投稿したので、ご存知の方も多いだろう。Twitterに書いたというのもあって、ここで旅行記をいちいち書いていかなくても良いだろう。この記事では、今回の旅行のポイントとなった切符をご紹介しよう。

そもそも、この切符との出会いがあったから、今回の旅行を思いついたのだ。

正月に俺は、「静岡地下鉄計画」というものをこのブログで発表した。わが故郷、静岡市に地下鉄を開通させることによって、静岡市の活性化を図ろうというものだ。しかし、計画を煮詰めれば煮詰めるほど問題が浮上してきた。そこで、実際に市街地での交通網が発達している所に足を運んで、実際に見て、乗って、学びたいと思った。しかしながら、東京や大阪や名古屋ではいけない。静岡市と規模が違い過ぎる。静岡市の人口は約70万人。それと同じくらいか、それ以下でなければならないと考えた。思いついたのが、富山市である。富山市の人口は、約42万人。静岡市の半分強である。にも関わらず、市街地の交通網が発達している。

詳しくは説明しないが、路面電車やLRTなどがある。

そこで、富山あたりに研修を兼ねて2泊3日くらいで行こうかと考えていた。

しかし、そこはDavy。昔の愛読書は時刻表だった男である。時刻表のはじめや終わりにある黄色やピンクのページまで読む男である。きっと、北陸方面へ行くおとくな切符があるに違いないと踏んだのである。そこで見つけ出したのが、この「北陸フリーきっぷ」である。なんと、往復の新幹線+特急の指定席と、乗降自由のフリーエリアでは特急電車の自由席も利用できるという優れもの!しかも、有効期限は4日間!これなら、3泊4日で行けるぞ!となったのである。

北陸フリーきっぷ(JR東日本)
http://bit.ly/hxiTe4

北陸フリーきっぷ(Wikipedia)
http://bit.ly/hCEfKd

俺が買ったのは東京都区内発着の普通車用切符。
この値段が¥21,500。

では、実際にたどった経路と比較してみよう。

錦糸町
↓9:25
↓JR総武線快速・大船行
↓9:34(総1)
東京
↓10:12(21)
↓JR新幹線Maxとき317号(通過連絡)
↓11:28
越後湯沢
↓11:38
↓JR特急はくたか8号(通過連絡)
↓13:40(3)
富山

出発日:2011/02/21
所要時間:4時間 6分
片道金額:11,300円 (乗車券:6,730円 指定席料金:4,570円)

富山
↓10:53(3)
↓JR特急北越2号
↓11:31(3)
金沢 (折返し)
↓11:57(7)
↓JR特急しらさぎ3号
↓12:52
和倉温泉

出発日:2011/02/22
所要時間:1時間59分
片道金額:3,980円 (乗車券:1,890円 自由席料金:2,090円)

和倉温泉
↓10:10
↓JR特急サンダーバード20号
↓11:10(2)
金沢

出発日:2011/02/23
所要時間:1時間
片道金額:2,220円 (乗車券:1,280円 自由席料金:940円)

金沢
↓11:45(1)
↓JR特急しらさぎ8号
↓12:03
小松

出発日:2011/02/23
所要時間:18分
片道金額:1,210円 (乗車券:480円 自由席料金:730円)

寺井
↓14:16
↓JR北陸本線
↓14:41(5)
金沢

出発日:2011/02/23
所要時間:25分
片道金額:400円

金沢
↓10:48(3)
↓JR特急しらさぎ58号
↓11:25
芦原温泉

出発日:2011/02/24
所要時間:37分
片道金額:2,100円 (乗車券:950円 自由席料金:1,150円)

福井
↓14:35(1)
↓JR特急サンダーバード21号
↓15:23(7)
金沢

出発日:2011/02/24
所要時間:48分
片道金額:2,430円 (乗車券:1,280円 自由席料金:1,150円)

金沢
↓16:20(5)
↓JR特急はくたか21号(通過連絡)
↓18:52
越後湯沢
↓19:00
↓JR新幹線Maxとき344号(通過連絡)
↓20:12(21)
東京
↓20:31(総3)
↓JR横須賀・総武線快速・君津行
↓20:40
錦糸町

出発日:2011/02/24
所要時間:4時間14分
片道金額:12,410円 (乗車券:7,570円 料金:4,840円)

ざっとこんな感じになる。全て俺がたどった通り。

合計すると、¥36,050になる。
フリー切符は、¥21,500。

つまり、¥14,550得したことになる。
いくらJR西日本でもICOCAエリアではないので、いちいち切符を買う手間を考えると、フリーきっぷの価値はプライスレス。

宿泊先でも得をした。

まず1泊目。富山エクセルホテル東急
富山駅前の複合施設と一体化したビル。しかも、なぜかツインルームにグレードアップ。11Fで夜景の眺めが良い。

朝食バイキング付で、¥5,900。
写真を見る限り、俺が割り当てられた部屋は「エクセルツイン」のようだ。正規(インターネット)料金は、¥11,500。

次に2泊目。日本の宿のと楽の中の「ホテル能登倶楽部」。5Fの海が見えるテラス付の和洋室。ここは友人と泊まったので、料金は2で割って計算しよう。夕食(和食コース料理)・朝食(バイキング)付。旅館である。露天風呂やゲームコーナーもあった。庭園調になっていて、非常に高級感のある旅館だった。

1人分の料金が、¥9,500。
正規(インターネット)料金が、¥15,900。

そして3泊目。ホテル金沢
金沢駅前のイオン系の商業施設の隣にあるホテル。13Fの夜景のキレイなシングルを割り当てられた。朝食(バイキング)付。

今回支払ったのが、¥6,900。
正規(インターネット)料金が、¥7,500。

支払った宿泊代金の合計が、¥22,300。
正規でかかるはずの料金が、¥34,900。
よって、お得な金額は、¥12,600。

電車+宿泊代で、¥27,150得をしたことになる。

別に何を我慢したわけでもない。むしろグレードは高かった。ホテルだって、食事を全て付けたし、ベッドは140cmのデカイベッドを選んだし、駅前の高級ホテルを選んだし、旅館もめちゃくちゃ立派な所を選んだし、移動もほとんど特急電車でクロスシートでの移動。往復に至っては、指定席までとった。

まぁ、少し頭を使えば、我慢せずとも節約は可能ってわけさ。¥27,150得をしたといっても、ピンとはこないだろうけど、実際のベース金額は¥43,800だから、どれだけの割引率かはわかるだろう。本来¥70,950払うべきものだからね。38%引かな?この辺の数字苦手だけど(笑)

俺は、一人っ子だし、B型だし、わがままに育ったから、「我慢」とかそういうの大っ嫌いだ!カネがないから諦める?冗談じゃないよ。カネがなくても欲しいものは買うし、旅の苦痛なんかうんざりだ。汚い部屋に泊まるとか、まずい料理を食べるとか、ノロノロ電車に乗るとか、そんなの楽しくなんかない。帰省するのに鈍行列車?ジョーダンじゃないよ。新幹線に乗るんだ、俺は。カプセルホテル?ジョーダンじゃないよ。俺はデラックスベッドでゆっくりくつろぐんだ!騒音なんて気にならない部屋で。高層階で夜景を楽しむんだ!

だけど・・・実際、金はないんだよ。だったら、頭を使うしかない。いつも言ってんだろ!?「左右少しでも空いている扉からご乗車ください」と。どこか見渡せば抜け穴はある。わざわざ苦労して山登らんでも、どっかに誰かが作ったトンネルがあるかもわからん。皆、「人生に近道はない」とかもっともらしいこといって、抜け道を探す努力をしないから損しているんだよ。快適に、便利に、スマートに生きていこうじゃない?

まもなく2月も終わり、3月になる。新生活キャンペーンとか盛んになってきている。東京で新たに生活を始める人もいるだろう。今年も、Davy不動産が、あなたのおススメの物件、街を一緒になって親身になってお探しいたしますよ。ぜひ、メールフォームからでも、Twitterからでもお問い合わせください。旅行のコンサルティングも国内なら専門です。クレジットカードや電子マネーなど、生活する上で役立つ「お金」の話もどんどんします。ぜひ、お気軽にお尋ねください。アマチュアなので、無料で承らせていただきます。

ま、この宣伝をするために、「こんなに得できますよ!」って事例を紹介したに過ぎない。俺には、「お得の神様」がついている。あやかりたければ、Davyまでどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です