もう俺だけの夢じゃない

今日、俺は二十歳になった。

とりあえず、この曲を再生しながら聴いてほしい。

01 Time Has Come.mp3

10代最後の夜、2010年12月11日土曜日23時57分。
俺は来るべき次のDecadeを迎える儀式をすべく、部屋の電気を消し、iPodを片手にイヤホンを耳につけ、時刻の正確な電波時計を持ち、ベランダに出た。外は寒かったが、俺の心は熱かった。

そして、12日0時を迎えた。日付が変わる瞬間に、俺はiPodの再生ボタンを押した。
そこで流れた曲が、「Time Has Come」である。再生してくれているであろう曲だ。

時は来た。

何が来たかは、俺もわからない。

だが、時は、来た。

映像ではわかりにくいだろうが、俺はこんな街の風景を見ていた。
街の明かりが、いつもよりも眩しかった。
首都高を通る車が、いつもより少なく感じた。
そして、何より。
星の数が、いつもよりも多かった。

物干し竿の下をくぐり、より一層、街の景色が見やすい場所に出た。
錦糸町のネオンが、誕生日ケーキのろうそくのように見えた。
いつもは1つしか見えない星。
今日は8つ見えた。

空を飛ぶ飛行機。
今日は飛行機という感じはしなかった。ゆっくりと地上に舞い降りる、流れ星のように見えた。

街の景色全てが、俺を祝福しているように見えた。

01 Legend Of Future.mp3

曲を変えると時々聞こえるプッシュ送信音。
Twitterからの返信を知らせる音。
非常に多くの友人が、俺の誕生日を祝うためのメッセージをくれた。

他人と比べて、決して友人が多いとは言えないかもしれない。
しかし、俺の友人たちは、皆濃い。
いい加減な付き合いをしている友人はいない。

顔も名前もわからないが、俺についてきてくれる人もいる。
色々調べたから、そういう人がちゃんといることを俺はちゃんとわかっている。
ブログを読んでくれている人。
Twitterでフォローしてくれている人。
Podcastを聴いてくれている人。

リアルな俺、つまり藤浪貴弘を支援してくれる人もいる。
自分を産み育ててくれた両親、家族。
何かある度にいつも助けてくれた親戚、地域の人。
時には俺の味方となり、時には俺の敵となり、壁となり、俺をここまで導いてくれた友人や先生。

みんな、俺の「仲間」です。
大事な大事な、仲間だ。
俺の、1番の誇りです。

綺麗事なんかじゃない。
彼らとは、憎みあい、恨みあい、脅しあってきたのかもしれない。
顔面を殴られたことだってある。
鉄パイプで殴り、倒れているヤツの腹を蹴ったこともある。
裏で手を回し、罠を仕掛けたことだってある。
逆に俺がだまされたことだってある。

でも、常に真剣勝負だったよな?
俺たち、勝負から逃げなかったよな?

だから、今の関係があるんだよ。

付け焼刃でも、馴れ合いでもない、真の人間関係が。

今まで20年ありがとう。
月並みな言い方だが、この言葉の裏には、重いものが詰まっている。

エリートコースを歩むのが、正しい道だと思っていた時代がある。
名声を得て、強い者になれば、何だってできるって信じていた時代がある。
カネさえ手に入れば、怖いものはないって考えていた時代がある。

Twitterで昨日見た。
高校時代の1番の友人がつぶやいていた。
「すごい久しぶりに六本木に来た!来るたびに住んでみたいと思うけど、それに見合った努力は全然してないなあー」って。
もちろん俺の話ではなく、彼自身の話だが。
あの頃、俺たち、そんなこと言ってた。

ゴメンな。中村。
俺、あの時と価値観が変わっちゃったみたい。
俺、もう、カネのために頑張れないや。
上目指して、地位や名声やカネを掴むことに、もう興味が持てなくなっちゃった。
俺の中で、成功の定義が変わってしまった・・・

早稲田に入りたかったのは、ゴールドマン・サックスに入るためだった。
おそらく、ゴールドマンに入るために、最低限の学歴だと思っていた。
巨万の富を掴みたかった。それで、今まで俺をバカにしてきた連中を見返したかった。

でも、俺は、大学受験に失敗した。
いわゆる「滑り止め」の、明治大学に行くことになった。
かつて愛した学校とはいえ、もう終わりだと思った。
俺が描いてきた成功モデルが、一気に崩れ落ちた。

しかし、彼は望み通りの学部ではなかったものの、早稲田に進学した。
別に恨む気も妬む気もなかった。実は、彼が受かったことは結構うれしかった。
受験教科「政経」。俺と彼は同じ作戦を使った。
それで片一方が成功している。
俺の戦略は間違ってなかったと思えたんだ。
俺はあまりにも、英語や国語ができなかった。

だけど、俺は迷っていた。
次の地図をなかなか描くことができなかった。
だから、一回リセットして、彼と離れるしかなかった。
高校時代の俺とは、一時縁を切るしかなかった。

そして、俺は新たな出会いを重ねた。
色々な経験をし、色々な人と話した。

たくさんの人の協力を得て、やっと次のモデルを描けるようになった。

気付いたんだ。
俺が、本当に心の底から求めているものを。
それは、「目の前にいる人の笑顔」だ。

助からないと絶望的になっていた人が、俺の助言によって助かって見せる安堵の表情。
俺の言葉や行動で起こる周囲の笑い。
思いっきりキレイな景色を見て、明るくなる表情。

はじめから大きなことをするんじゃなくて、まずは目の前にいるあなた。
悩みを解決したり、今後の道を一緒に考えたり。
そうやって、そこのあなたの笑顔を俺は見たい。

俺、そういう仕事がしたい。

いや、ホントは目の前で「ありがとう」なんて言われなくてもいいんだ。
俺は黒子。影の人。
その人に気付かれないように、そっと貢献したい。

「将来の夢って何?」
大人はそうやって、なりたい「職業」を答えさせる。

でも、そんなのは間違っている。
学校とか会社とか職業とか、そんなものはいわゆる「目的地にたどりつくための交通手段」であって、それが目的じゃないよね。
そこにたどりつくための道は1つじゃない。
きっと、数えきれないくらいあるだろう。
1つだけを選ぶ必要すらないかもしれない。
いくらでも組み合わせて、オリジナルを創ればいい。

つまり、目的地さえハッキリしていればいい話。
そうすれば、自ずとそこまでの道がいくつか浮かんでくるはず。
全ての道はローマに通ず。
現在地と目的地さえハッキリしていれば、進む道はある。
逆に言うと、ここがブレると、進む道はなくなる。

どの道を選ぼうか。
俺は、「住みやすく、ストレスをためない、いつも楽しさがあふれる街を創る」という道を選びたい。

不動産、鉄道、建設。
どんなアプローチになるかわからないけど、とりあえずここを目指したい。

今までも、さんざん夢を語ってきた。
自分の人生、どうやったら充実したものになるか。
そういう視点で夢を描いてきた。

でも、俺ももう二十歳。成年だ。多くの自由を受け取る代わりに、多くの責任がついてまわる。
守るべき存在がたくさんある。
俺に期待を寄せてくれる人も決して少なくない。

もう、俺だけの夢じゃないんだよ。
仲間の、みんなの夢を背負って、俺は生きていくんだ。

だから、見ててくれ。
俺、必ず、夢、叶えてみせる。
俺のことを信じてついてきてくれる連中、お前らみんなを幸せにしてみせる。
遠くからそっと、お前らの笑顔を見てやる。
約束するよ。

これからも、よろしくお願いいたします。

02 Departure.mp3

今、俺は旅立ちのスタート地点にいる。
次の旅に出る。
今夜こうして夢見たみたいに、俺はずっと生きてやる。

50年後、俺は多分死ぬ。
その時に、今度は、自分の笑顔を見て死んでやるよ。

きっと、その時、「楽しかったぜ、Davy!」って言って死んでいくと思う。
その時まで・・・

楽しみにしてる。

今日の午前10時38分にPodcastが公開される。

昨年の誕生日、俺は「これまでの自分の軌跡を振り返る、そんな1年にしたいと思います。」と語った。

あの日、俺はタイムマシンに乗った。
この1年間、自分の軌跡を一歩一歩たどってみた。
これまで俺が落としてきた置き土産を拾いにいった。
俺のルーツを探しにいった。

今度の放送は、その集大成だ。
そのダイジェスト版だ。
残りのDetailは俺の心の中にしまってある。

ぜひ、みんなには、証人になってほしい。
己の耳で、俺がどんな人生を送ってきたのか、心に焼き付けてほしい。

どうか、これからも、俺の夢に付き合ってください。
どうか、俺についてきてください。
お願いします。

Buffer

Twitterでコメントできます