Davyism


黒の革ジャンに、黒のレザーパンツ。髪はオールバックで固め、キラリと光るサングラスをする。エンジンをかけ、軽くふかして回転数を上げ、クラッチをつないで、いざ出発。京葉道路は俺のもの。誰にも邪魔はさせないぜ。夜の風を切りながら、幕張の海岸に向かう。砂浜にバイクを停め、月の光が反射している海を見ながらタバコで一服。この曲を聴きながら・・・

矢沢永吉 「Sweet Rock’n’ Roll」

老けこむには、早過ぎる。
だが、若さを気取るには遅すぎる。
酒の力を借りてワイワイ騒ぐような性格でもない。
過去にすがって生きるのもカッコ悪い。

俺は海面に浮かぶ星屑を見ながら、目の前にある描きかけのキャンバスを想像するだけだ。

どうも、Davyです。

やっと時間割を組めたので、公開しようと思う。一部科目の人数が超えた場合の抽選などにより若干の変動はあるかと思うが。

http://davystyle.com/files/2010class.htm

本来はこんなに取らなくても良いのだが、制限ギリギリまで詰めるとこうなる。再履分を含めると年間48単位となるが、新規履修は46単位。もしフル単だった場合、1年次と合わせて84単位となるので、3・4年では50単位だけ取れば良いことになる。1・2年次は、語学の単位が半期で1単位なので、授業数的には多くなってしまう。3年になると半期2単位となるため、25の授業を取れば良いことになる。4年では12単位以上履修しなくてはならないので、3年で受けるべきものも少なくなる。まぁ、後期は就活に専念したいから、来年も、結局は前期に詰め込むことになるとは思うが。

卒業要件が他の大学よりも多いから、これでも比較的キツイ方なのだが・・・

今週は人に会うことが多かった。月曜日には氷川台きよし氏に会った。昨年は色々あったが、こうやって久々に会っても、昨日会ったかのように話を再会することができる。何でも言い合える。素晴らしい存在だと改めて思った。多分、これからもケンカや行き違いはきっとあるだろう。でも、どんなことがあっても大丈夫だなと安心できた。だいたい俺に問題があることが多いのだが(笑)

彼は、俺の「原点」を思い出させてくれる。自暴自棄になって「どうでもいいや」と考えていた時は、「そうじゃない。もっとこだわろうよ」と提言してくれた。難しい理屈に走ろうとした時は、「お前の長所は複雑なことを単純化してわかりやすくすることだ」と教えてくれた。部屋を整理していたら、高校時代、辛かった時代に書き綴ったノートが出てきた。そこに、俺は自分でこう書きこんでいた。「あいつが言ってたよ。お前のことを知っているヤツの半分が嫌っているならそれは問題だ。でも、お前のことを知らないヤツがお前のことを嫌っているなら、全然気にする必要はないだろ、って。」面と向かって言えないけど、涙が出るほど感謝している。

前の記事でコメントを下さった方のコメントを読んで気付いたが、やっぱりDavyは「単純でわかりやすい男」でなくてはならない。確かに、人間は一言では言い表せない複雑に入り組んだ感情や性格を持つ生き物だし、世の中で起こっている現象は一言で白か黒かを断言することができない複雑なものであることはわかっている。でも、それを言いだしたらキリがないし、ブログなんか書けやしない。歯切れの悪いコメントになるし、「結局何が言いたいの?」って話になる。それに、俺は学者じゃない。色々言ってもようわからん。そういう議論は学者や専門家に任せておけば良い。だから、俺はもう一度、高3の時の政経をわかりやすく説明していた自分に戻る。

水曜日は、James.氏の誕生日ということで、橋本に行ってきた。三越で買った、堂島ロールを持参して。三越には開店前に並んだので、普通に買うことが出来た。前に午後に行った時は、買えなかったのでね。いや~最高だった!クリームが良いね。IPPEIさんも含め、喜んで下さった。今の所、Davyの土産スイーツシリーズは、不評だったものはとりあえずは無い。こちらの分野の開拓も楽しいと思った。

みずほセゾンSuicaメンバーがまた1人増えた!James.氏が二十歳になったので、作ったのだ。あのカードは便利だ。Edy、モバイルSuica、QUICPay、iDの紐付けカードにできる。みずほ銀行のキャッシュカードとしてのATM手数料も掛からなくなる。かなりお得だ。俺は持っていないがね。イオンSuica、みずほAMEX、olinasカードでこの機能を満たしているから。もうすぐ6枚目のカードも届くだろう。ビックSuicaが。未成年で6枚所有はなかなかいないだろう。今や、ポイントカードやキャッシュカードも増え過ぎたので、財布を2つ持ち歩いているくらいだ。しかも、両方長財布。現金もそこそこ持ち歩いているが、この年度変わりの時期は出費が激しい。要注意。

木曜日はcunh氏に飯田橋で会った。飯田橋で降りるのは2回目か3回目だが、実際に外に出たのは初めてだ。食事をしながら、AKBのアルバムを受け取った。これも、初登場デイリーで1位らしい。早速聞いていますよ。またPodcastでも何曲かは高音質で配信予定なので、お楽しみに。

彼も色々忙しいらしい。法学部生は大変だ。商学部生?楽じゃないけど、そんなにガチな勉強は無いから、そういう点では楽かもな。

政界でも、様々な動きがあったな。平沼さんと与謝野さんの新党、「たちあがれ日本」。名前は長いし、平均年齢70歳近い政党が第3極の台風の目になるとは到底思えない。政策的にも、保守政策と増税だし。今の自民票を奪うだけ。短命政党だろう。

杉並区長や中田宏さんら自治体の首長で政党を作ろうとしているようだが、これは、みんなの党を支援という形ではダメなのだろうか?政策的にそんなに違いがあるとは思えないし、わざわざ新党を作って第3極への期待票を分散させるのはいかがなものか?

鳩山内閣の支持率も約30%になってきた。今週末に調査すれば、20%台に落ち込んでいることは間違いない。まぁ、でも、わかっていたよね、こんなことは。国民の多くは自民党に失望したから、駆け込むように民主党に票が集まったが、中身がないことは、ちゃんとマニフェストを読んでいる人ならわかっていたはず。だから、俺は昨年の総選挙前から、「みんなの党!」と叫んでいたのだ。今になって、みんなの党の支持率が上がりだしたよね。皆、遅いんだよ、気付くのが!

それでも、「政権が変わったばかりだから、もう少し見守るべきでは?」という声もある。わからなくはない。しかし、これは「政策はしっかりしているものの、邪魔が入ってなかなか実行に移せない」場合のものであり、政策が間違っているものを応援しても仕方が無い。札幌に行きたいのに、福岡便に乗ってはいくら頑張っても札幌に着くはずがない。だからこそ、マニフェストはしっかりと読むべきで、自分の理想とする国家像も国民1人1人が描くべきなのだ。「国家像」と言っても、そんなに難しく考えることはない。「給料を高くしてほしい」「税金を安くしてほしい」「子どもをたくさん産んでもちゃんと育てられるようにしてほしい」こんな程度で構わない。そうすれば、マニフェストを読んでも少しは見方が変わってくるはずだ。

保守だの格差だの何だの言っているが、国民なんて現金なもので、きちんと給料が入って、楽しく働けて、買いたいものをある程度自由に買えるだけの生活ができれば、右翼でも左翼でもどうでもいいはずだ。だから、支持率を上げたり、選挙に勝ったりする方法は、至ってシンプル。景気を良くすれば良いだけの話。政治がクリーンだとかは二の次。ああいったお金の問題で国民が怒るのは、「自分たちの生活が苦しいのに、政治家は金を悪いことしてもらいやがって・・・」という嫉妬に近い感情だよな。だから、国民を儲けさせないと何やったって批判は来るよ。

浮気がバレても離婚をせずにする方法はいくつかあるのだろうが、シンプルなのは結構な給料を稼ぐこと。経済的に貧しかったり子育てに忙しかったりするのに、夫ばかり良い思いをして・・・という妻の恨みが浮気=離婚に結び付く一因ではないかと思う。浮気をしたけりゃ、稼ぎなさい。そういうことだろう。

radikoの規制もどうかしているよ。地域やアプリの使用を規制して、誰が得するわけ?いいじゃない、せっかくラジオという斜陽産業が脚光を浴びているんだから。その大きくなった市場を利用して、ビジネスをすればいいじゃない?儲けようぜ。

何度も言うが、ルールの上に人の生活があるのではない。人の生活の上にルールがあるのだ。人々の生活が変われば、それに応じてルールも柔軟に変えられるべきだし、多少のルール違反も黙認すべき。日本人の「ルール・モラル至上主義」が全てをダメにしている。別に、授業中だって飲食したらいい。寝たけりゃ、寝ればいい。他の勉強をしたけりゃ、すればいい。休みたきゃ、休めばいい。その代わり、その結果に関しての自分に対する責任は自分で取る。他人のせいにしない。それでいいんじゃない?

別にいいじゃない?中身がどうだろうが、所定の単位数さえ取れば卒業出来るんだから。たとえ俺みたいに、Cばかりでも。自分で好きに資格をとって、好きな勉強だけやってとことん突き詰めて。与えられたランチを全てキレイに食べて褒められようとするのは、小学生までにしてくれよ。

昨日、錦糸町のロッテシティに行ってきたけど、あそこのセブンイレブンには千葉ロッテマリーンズのグッズが売っているんだな。なかなかキレイなビルで良い感じだ。とりあえず、あそこのバーをこれから行きつけにしようかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です