2012 新年のご挨拶

2012年(平成24年)になりました。皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もDavy Fujinami及びDavyStyle.comをよろしくお願い致します。

昨年2011年は、激動中の激動、歴史のパラダイムシフトが起きた年だった。1年の大半を二十歳という、これまた人生のパラダイムシフトを迎える歳で過ごした俺は、数々の歴史的場面に立ち会うこととなった。
それらの事象を受けて、俺の中でも何かが変わった。自分の中での価値観がこれほど変貌した年は、15歳の時のあの衝撃以来のものだった。既に「第三の人生」に突入したといえるであろう。
不幸なことがたくさんあった。でも、人間って、あまりにも不幸に包まれると、自ら創り出してでも幸せを見つけるものだと知った。

ネオンを失って 空を見上げた 月の眩しさに気付いた
家族とふれあい 思いやり合い 歩き始めたんだ

東日本大震災から10日後に訪れた「スーパームーン」。電力不足で夜のネオンを失った我々に、世の支配者からプレゼントが贈られた。残業ができなくなり、一家の主は夕方早くに帰宅するようになった。家族と語り合う時間ができた。人々が集うようになった。

「絶望からのレジスタンス」。これは何も俺だけが持っている潜在能力ではなく、人間が窮地に追い込まれると発揮するものであるのだ。それが、新たな「幸せ観」を生み出したのだろう。ブータン国王の来日時にも象徴されるように、人々は新たな「幸せ」を見出した年でもあったのだ。

俺もこれから数々の困難に襲われることだろう。時には生命を終わらせたくなることもあるだろう。でも、俺は信じている。きっと俺は幸せに暮らせると。自ら幸福を創り出してでも、俺は幸せになれると。確信している。

そんなに収入を獲得できるとは思えない。結婚もできるとも思えない。
それでも、俺はきっと自分なりのスタイルで暮らしていける。

UNDERGROUND FOREVER

この精神を胸に刻みながら。

これからのDavyにご期待ください!

Buffer

Twitterでコメントできます