BASEへのこだわり

衣・食・住。
人間が生きていくために必要な3要素。同時に、人間がこだわるべき3要素。
この中でも、俺は「住」にスポットを当てて生きている。

18で高校を卒業して、大学に進学するために上京する時、たいていの受験生は「とりあえず」で住居を決める。どういうことかと言えば、大学の合格発表が2月とか3月とかで、合格発表があって初めて住む所を考え、1ヶ月もない短い期間のうちに決めてしまう。いや、「決めてしまう」のであればまだいい。特に現役生の場合、住居を「親に決めてもらう」という人も少なくない。自分は全くノータッチで、親に物件を探させて自分はそこに入るだけ、みたいな。

俺からすれば、あり得ないどころか、「どういう神経してるんだ!?」って感じだ。住居というのは、自分の生活の基礎(ベース)となる大事な場所。家賃を親に払ってもらうのは経済的に自立していない以上やむを得ないことかもしれないが、その決定権まで全て他人任せとは、自らの生きる権利を放棄していることと同じだと思うんだ。もちろん、よその地のことだから「知らない」のは当然だ。それは誰でも一緒。だったら、リサーチするんじゃないの?色んな街や物件を見て、自分の価値基準で最良のベースを選びぬくんじゃないの?

人生において何が幸せかって、自分が生きる意味をきちんと見出せることが幸せなんだよ。それは、自分の人生において、いかに自分の色を投影していくか。また、いかに自分発信のものをプロダクトしていくか。良いことも悪いことも、自分で責任を負うということは実は幸せなことであって、いかに人生に自分が関わるかということが、人生におけるテーマだってことだ。例えば、自分の家で作った野菜は買ってきた野菜より何となくおいしく感じるものだし、買ってきた「ありもの」ではなく、自分で日曜大工して作った本棚はなんとなく愛着が湧くもの。それが幸せってもんだ。

だとすれば、自分の生活のベースとなるような所は、自分の力で選びたい。いくら他人に手伝ってもらったり助言をもらったりしたとしても、最終決定権は自分で持ちたい。俺はずっとそうやって思ってきたから、高校在学中からしょっちゅう上京して、わからないなりにも東京の街を知ろうとした。街選びにおいて街候補のピックアップも、物件検索も、不動産屋へ行く手筈も、全て自分でやった。法律や経済の問題で自分でクリアできない部分だけ、親に頼んだ。受験勉強と並行してそれらの作業を行った。もちろん、全権を俺に任せてくれた家族には大変感謝している。自分のこだわりを貫かせてくれたことにも感謝している。

俺の考えの根底にあったのは、2009年4月から「大学生活を送る」とは考えていなかった。「東京で1人暮らしをする」中に、「大学へ行く」ことがあったのだ。あくまで、「死にたいくらいに憧れた華の都・大東京」で最高の生活を送りたかったのだ。大学へ行くことは、単なるきっかけに過ぎないし、それをするための口実でしかなかった。だから、「大学生」は副業だと言い張ってきたのだ。

俺は、自分の人生を自分で本当に満足できる素晴らしいものにすることには余念がない。誰の基準でもなく、自分だけのものさしで、最高だと思えるものに囲まれて暮らしたいのだ。

だから、来年度に大学を卒業してからも同じこと。今回もそうだ。最高の街で最高の暮らしをするためにとことん準備をする。これが、ベース探しなのだ。

会社によっては寮だとか社宅だとかがあって、そこに安く入居できますよ~みたいなのがあるが、冗談じゃない。自分のベースは自分で選ぶ。これが俺の流儀だ。自分のベースを他人に選ばせるほど、人生あきらめちゃいない。それに、俺は仕事とプライベートは完全にセパレートする人間だ。「仕事のための生活」じゃない。「生活のための仕事」なのだ。プライベートまで仕事の延長線上みたいなことはしたくない。住宅に関して援助して下さるなら、現金でいただきたいものだ。実際の住居は、俺が選ぶ。

ということで、大学祭休みウィークの最初の休み、1日(火)は、埼玉県三郷市に行ってきた。
地図
http://g.co/maps/zgmve

ここは来季(就職後という意味)からのベースの第2候補地なんだ。つくばエクスプレスの三郷中央駅は、区間快速・各停が停まる駅で、秋葉原まで20~22分と速い。駅周辺もとてもキレイに開発されている。

つくばエクスプレスは最近開通した路線なので、どの駅もだいたいこのようにキレイな感じで開発されている。とても魅力的だ。地図上では遠いが、この路線はかなり高速運転するため、実際の所要時間はたいしたことない。

とはいうものの、俺が目をつけたのは、三郷中央駅周辺ではない。JR武蔵野線新三郷駅周辺なのだ。
地図
http://g.co/maps/kntct

この辺り一帯は「ららシティ」と呼ばれるのだが、商業施設と住宅を複合的に開発した新しい街だ。実際に歩いてきたのだが、キレイな新しい一戸建てばかりだ。俺が説明するより、Wikipediaの解説文を見てもらった方が早いか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%89%E9%83%B7%E3%82%89%E3%82%89%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3
また、三郷市は三郷JCTの近くに「ピアラシティ」という開発された街もある。大型商業施設が連ね、周辺も宅地開発が進行中のようだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%86%E3%82%A3

俺は、多少田舎で広い家に住みたいと思っている。ただ、商業的な利便性も手放したくない。また、田舎の荒れ果てた感じではなく、新興住宅地のような素敵な家が立ち並ぶ街に住みたいと考えている。三郷市はこのような場所がたくさんあって、大変魅力的だ。賃貸物件がそれほど多くないというのが課題だが、開発が進むにつれてそれらも増えてくると信じている。

そう、三郷は魅力的なんだ。だが、問題点が。マイカー通勤しようとした場合、三郷から都心に出るのは大変混雑するようである。首都高6号線は足立区の小菅までは毎朝かなり渋滞するらしい。武蔵野線も混雑するし、つくばエクスプレスも今後の開発によっては、屈指の混雑路線になるかもしれない。現在、予想よりもハイペースで利用者が上回ったため、現在6両で運行している車両を8両化する予定があるようだが、いつになるかわからない。ちなみに、現在最高130km/hで走っているが、160km/h運行も視野に入れているようである。東京駅への延伸構想もある。今後の発展が十分に期待できる魅力的な路線ではあるが。

そして何より。俺の出身は静岡だ。30分自転車を走らせれば、そこには真っ青な海が広がる。デビルラインの雅治ではないが、高校をサボって砂浜(石畳?)で昼寝していたり波と戯れていたこともあった。俺には、海が欲しい。

ということで、千葉市美浜区や中央区の京葉線沿線も視野に入れている。ここもいずれ視察に行きたい。

東京23区で考えれば、我が江東区はもちろん、お隣の江戸川区も魅力的だ。この前、公園会で行ってきたが、道路は広いし、緑は多いし、公園もたくさんある。そして、美しい。また、商業施設も整っている。地下鉄東西線以南に住めば、海も近いし、ディズニーランドや葛西臨海公園も自転車で行けるくらいだ。大変良い場所であり、23区で考えるならば、江戸川区はおススメだ。江東区ほど家賃や駐車場が高くないし。

地図
http://g.co/maps/eyjxd

さあ、お待ちかねの「木更津ベース」の話でもしようかと思ったが、眠いのでまた次回に譲る。今完成中のある表を完成させてからにしようかと思う。こういう話はPodcastで話すよりも、目で見ていただいた方が良いかと思って。
しばらく、ベースシリーズを書いていく。

もちろん、俺が選んだ候補地も書くが、皆さんが自分のベースを選ぶ際のヒントになるようなデータもどんどんアップしていくので、ご活用いただければ幸いです。使い方も後々お教えしますので。

自分のベースを豊かにすると、自分のライフスタイルそのものが変わる。色んな人と出会い、美味しいものを食べ、自分の魅力を最大限に引き出すファッションを身にまとう。これこそが、素敵な人生だと思うんだ。これは、比較して「誰々が1位!」とかそんなチンケな世界じゃない。自分自身のNo.1を創り出す行為、それがOnly.1となっていくんだ。ここに関してはゼロサムゲームじゃないからね。皆が幸せになれる世界。だから、俺も最大限皆様のために協力させていただくよ。皆が幸せな顔していたら、俺も嬉しいし。そんなもんですよ、人生は。

また書くわ。

Buffer

Twitterでコメントできます