蜘蛛のラビリンス


もう「新曲」期間は過ぎたので、歌詞をここに掲載しておく。

なぜ生きるのか 何のためにやっているんだろう
いったいどのくらい悩みぬけば 確かな答えが見つかるのかい
どうしようもない疑問を いつまでも追い求めていくのが
もしかしたら生きる意味なんじゃないか 勝手にそう感じて生きている

誰かのものさしが 判断するためのすべてだと
頭を使わないそのずるさを 騙し隠しながら生きている
顔も住所も名前も バラされない安全地帯で
知らない誰かを傷つけるの それがあなたの生きがいか

苦労を知らない 痛みも知らないで ダメになっていく

コンプライアンスの名の下に 世間は純白さを求めてる
そうして作った無菌室で それで君は満足するのかい
ほんの些細な違いを 勝手にデッカイ壁にして
無理矢理違いを見つけ出して とことん何でも弾いていく

遊びを知らない人たちの 窮屈な規制地獄で
結局自分の首絞めるの そんなことにさえも気づけない
インテリジェントのフリして 結局なんにもわかっちゃいない
一体その果てに何が残る そうして文化は滅びゆく

人は愚かで どこを見て生きる 自分を失って

蚊帳の外の人たちが ありもしないことを作って
得意のレッテル貼り繰り返し 勝手な虚像が作られる
人の気も知らないで 土足で人の心踏み込んで
真実を求めることこそ正義 思い違いも甚だしい
すっかり忘れて生きてる 本当の幸せの意味
蜘蛛の糸に絡まりながら
ラビリンスにはまっていく

MP3
[audio:http://files.davystyle.com/mp3kumo.mp3]

http://davystyle.com/files/mp3kumo.mp3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です